マカの脳への効果は?

マカ,効果

 

マカの脳へ良い影響を与える効果成分として、

 

・チロシン

 

・ビタミンB群

 

・カルシウム

 

・マグネシウム

 

..があります。

 

----------

 

各成分の

脳への影響について説明しましょう!

 

 

・チロシン

 

→チロシンはやる気成分ドーパミンの材料となる成分です。

 

ドーパミンとは精神的なエネルギーとなる物質で、

不足すると無気力や鬱などの症状が出ることもあります。

 

・ビタミンB群

 

→ビタミンB群は脳の機能と直接は関係はありません。

しかし、ビタミンB群は生命維持にはとても重要な成分です。

 

ビタミンB群が不足することで最終的には脳へ悪い影響が及ぶことがあります。

 

うつ病や自律神経失調症が、実は直接は関係のない

ビタミンBの不足によるものだった..というケースがあります。

 

・カルシウム

 

→カルシウム不足はイライラの原因とよく言われますね。

これは正確には間違いなのですが、

カルシウムに精神を正常に保つ効果があるのは確かです。

 

・マグネシウム

 

マグネシウムは抗ストレス成分と呼ばれるぐらい、

精神面にとても影響のある成分です。

 

またカルシウムとも関係のある成分で

両者成分のバランスが崩れるとイライラなどの症状が出ます。

 

また記憶力とも関係がある成分で、

アルツハイマー病の改善目的でマグネシウムを

摂るというケースもあります。

 

--------

 

以上、脳へ良影響のあるマカに含まれる成分でした。

 

>>人気No,1のマカサプリについて